2014
02.13

江戸後期に建てられた隠居小屋に住んで

Category: 日記
そうですね、私がココに来た
20数年前はもう萱葺きの屋根は
とっくになくなっていて、トタンに
なっていました。
むかしのその屋根のふくらみ
を想像したりしていました。
囲炉裏の後も発見しました。
街道のすぐ脇に建ってるんですが
障子戸になっていて、日本昔話に
出てくるような古家でした。


注文住宅資料請求





関連記事
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://ie3.blog121.fc2.com/tb.php/138-65c0b2b4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top